サマーファッションにヴィンテージは欠かせない!の話

ヴィンテージファッション ファッション

20代の頃、年がら年中ヴィンテージのお洋服を着ていました。

30代になるとヴィンテージと新品のお洋服が半々になり、
40代になった今は、ヴィンテージのお洋服が全体の2割ぐらいでしょうか。

なんでだろ?飽きたわけでは決してないのですが、今の自分にしっくりこない?
40代の肌のくすみ感や質感が、時を経たお洋服とマッチしないような気がしてきたのです。
若い頃は何も気にせず、好きなものを好きなように着ていたのに。

でも!夏だけは別!!!
夏のお気に入りファッションのほとんどがヴィンテージ!
いま我が家にある(だいぶ少なくなったけど)ヴィンテージのほとんどは、夏物です。

この灼熱の太陽の下では、嫌でもエネルギーを放出しなければ生きていけず、
そんな精神状態のときには、主張あるヴィンテージのお洋服がしっくりくるのです。

4歳男児と過ごす猛暑の日々!必須条件は、涼・速乾・汚れが目立たないこと☆

夏はとにかく暑くて、毎日の洗濯物が多い!!
今はほとんどの時間を(たいそう元気な)4歳の息子と過ごすので、常に汗まみれ。
嗚呼、なぜに幼稚園の夏休みとは、これほど長いのか。。。

涼しくて汚れが目立たず、すぐ乾くのは必須です!

そんな全ての条件を兼ね備えた、優秀なお気に入りちゃんたちをご紹介します(^○^)。
条件は揃ってないけど・・・な、可愛い子たちも登場させちゃいます。ムフフ

動きやすくて涼しいワンピース♡

息子と公園で遊ぶ時には、スポーツ選手のような?機能性重視の服装ですが
ちょっとしたお出かけのときにはオシャレもできるようになりました。

少し前まではチョロチョロ動く息子を捕まえようと常に走り回っていたので、
先にあげた条件の他に『動きやすいパンツスタイル』も追加されていましたが
やっとスカートも履けるようになりました。(スカート派)

最も出番の多いのは、膝下丈のワンピース。

立ったりしゃがんだりすることが多い、子どもとの時間。
ここ数年流行しているロング丈のスカートだと邪魔になることもあるけど
膝下丈なら足さばきが良い。
でもめくれて気になることも少ないので、便利です。

機能的&不思議柄にゾッコン!

こちらのワンピース、このブログの初期の頃にも登場してますが、毎年飽きずに着ています。
いつの時代のものか忘れましたが、たぶん70年代後半?フランス製
涼しくって、洗濯機で洗えるしすぐ乾く。
ヴィンテージワンピース

これ何の柄かな?強いエネルギーを感じます。
こんな不思議柄もヴィンテージならでは。
ヴィンテージワンピース

機能的なのに女っぽい。From おフランス

続いてこちら。80年代フランス製・膝下丈のワンピース
黒に近い、深いネイビーに大き目のお花。
ぱっと見はシックだけど、薄いジャージ素材なので涼しい!走れる!
ヨーロッパ 古着

肩の開きがお気に入りポイント。
さすがおフランス製。オンナっぽさに抜かりなし。

2つとも柄モノなので、汚れても目立たない!
夏はアイスを食べたいだの、チョコ食べてたら溶けて服についただの・・・
冬より汚れやすい気がするので、柄があるのはありがたい。

優秀すぎて神がかっているオールインワン

超!神アイテムはこちらのオールインワン。
これもだいぶ前に買ったものだけれど、ママになる前もなった後も大活躍。
ヴィンテージ オールインワン

薄手なのに透けない。一枚で着られて涼しい。
パンツなので、チャリでのお出かけにも◎。

ポリエステルなので、洗ってもすぐ乾く。
洗濯機でガシガシ洗っても、ぐっちゃぐちゃにタンスに押し込んでも(←え)
シワにならない♪

このジグザグ柄もヴィンテージらしいでしょ?
ウエストがゴムなのが丸出しなので(でも楽ちん!)、ベルトを合わせて。
ヴィンテージ ベルト

子どもと一緒だと不向き。だけどお気に入り

続いて、、動きやすいという点では劣るけど、お気に入り♡
友達とお出かけするときに着てるワンピース2点です。

若い頃よりアラフォーのが似合う、キャサリン妃の国のワンピース

続いて、ヴィンテージと呼ぶほど古くない、いわゆる古着です。
イギリス製。
(キャサリン妃の国~)

買った直後で浮かれたポーズをとる人。
古着 ワンピース

ドットと花柄という、ヘタしたら子供っぽくなりがちなテキスタイルですが、
ラインがオンナっぽく、色は落ち着いたグレージュなので若い時より今のが似合う気がします。

こちらは着心地がとても良いのですが、、胸がけっこう開いてる。
でも下に胸元隠しのキャミソールを合わせるのが・・・何というか、難しい。

キャミはどれぐらい見せたらいいの?
何色?素材は?

と、考えるとよく分からなくて。
なので、そのままガツッと開けておく。(GUのブラトップを着用)
幸い(?)さほど胸もないので、谷間が出るほどでもない。

でも息子が『〇ッパーイ!』と言いながら中を覗いたり、引っ張ったりするので(~_~;)
一緒の時は着れないなぁ。でもお気に入り。

ちょっと手のかかる可愛いヤツ♡実はコスパ良し

続いてこちら。
60年代フランス製のマリン風ワンピース。
これも好きだけど、膝上丈なので子どもと一緒の時はパス。
フランス 古着

このワンピースを着ていた時、友達に『40代で膝上なんて着られないわぁ。若いね』と
言われたことがあります。←いちおー褒められてますww
ほほぉ~、そうかぁ。。

私は年齢だけでなく脚も極太だけど、その辺はあまり気にしません。
たぶん、昔からずーーっと脚が太いからww、気にしてたら着る服なくなっちゃうので
鈍感になった可能性はありますね。

それに・・・
明日死ぬかもしれないし、
服くらい好きなもの着てしまえ!
と思っております。

(本当にヤバめだったら、夫が出かける前に止めてくれるでしょう)

と、まぁ脚が極太宣言をしてでも気に入って着ている子ですが、
ちょっと問題もあります。

色落ちがすごい。

60年代あたりのヴィンテージになると、よくあります。
なので常に手洗い。ちょっと手のかかる子です。
(可愛いヤツめ♡)

さらにこのワンピース、夏物なのにナゼか生地が厚いんですよね。
それもこの年代のものにありがち。。
なので、とてもじゃないけど真夏は着れない。

実は買う時に悩みました。
「初夏や晩夏にはいいかな〜。でも着られる時期が短いよな〜」と。
そしたらショップのオーナーさんから素敵なアドバイス。
生地の特性を生かして、寒い時期にニットと合わせて着るのも可愛いよ!
寒々しく見えないし。

おおー!なるほどね!
タイツとブーツ合わせても可愛いはず☆

デコルテ開けるの大好きな自分としては、こちらの開き具合は好きだけど〜。

でもタイツありの冬バージョンなら、息子と一緒の時でも着られそう♡
そう思うと、わりとコスパ良しです♪

夏に欲しているのはエネルギッシュな色!柄!

子どもと汗まみれの日々では、機能性ももちろん重要ですが、
やっぱり夏バテ気味の気持ちを盛り上げてくれるデザインが、私には必要なようです。

その反動か、秋は急にシック&シンプルになる。

つくづく、ファッションと精神的な状態はリンクしているなぁと思うわけです。
まだまだ暑いですが、、、頑張りましょう。。

★ブログランキング参加中です★
最後にポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 インテリアブログへ




ファッション
Chisaをフォローする
古いものが好きな主婦のブログ ときどきDIY

コメント

  1. あん より:

    わー!どれも素敵で、好みの服がいっぱいで、目移りしちゃうー♪
    ビンテージファッションってムズカシイのかなって思っていたけれど、密かに憧れているんです!
    ブルーのワンピ、コバルトブルー?の綺麗な発色で素敵ー!
    そして、息子ちゃんがやんちゃでかわいい!笑。キャサリン妃ワンピ、シルエットが綺麗!
    これは大人のエレガントな女性のための服なんだろうなーお似合いです
    マリン風もいいなぁ服くらい好きなもの着ないとねーっていう精神?は私も一緒です笑。

    • Chisa Chisa より:

      あんさん、見てくれてありがとう(*’▽’*)
      やっぱり服くらい好きなもの着ないとねー!暑くてテンションだだ下がりだしw
      あんさんもヴィンテージ似合いそう☆

タイトルとURLをコピーしました